出産準備≪家電≫乾燥機付き洗濯機・ドラム型

pcsp_kokomin_titleunder_res




おはようございます。昨日は暴風で外出するのも大変な一日でした!

外に出ると色んなものが飛んできていたり、お洗濯にも困った方も多いのでは?

そんな本日は出産準備編(*´ω`*)洗濯機の話題です♪

我が家は2016年、縦型洗濯機から乾燥機付き洗濯機のドラム型へ買い替えました。

乾燥機付き洗濯機

我が家はパナソニック(Panasonic)の洗濯機です♪

買い換えた感想や口コミ、実体験のメリット・デメリットをお伝えできればと思います。




購入のきっかけ・メリット

我が家の洗濯機は寿命が来ていたという訳ではなく、妊娠・出産を機に思い切って買い換えましたが、結果大満足!!!

我が家の中では、買って良かった家電ランキング堂々1位です!

ただ、結構高い買い物ではあるので、購入前に慎重に夫婦で相談。

↓その時に出た内容がこちら↓

●妊娠中のつわりが辛く、毎日の洗濯すらままならない

●子育てするなら、10kg以上の容量の大きい洗濯機が欲しい

●家事を時短すること子供と触れ合える時間が増える

●天気の良い、悪いに関係なく洗濯ができるので、小さい子供がいると便利

●温かいお湯で漬け置き洗いができるので食べこぼしや泥汚れに便利

●花粉やPM2.5、排気ガスなどから衣服を守れる

●里帰り中のパパにとっても洗濯が負担にならない

●家事の擦り付け合いからの夫婦喧嘩が少なくなる(我が家だけか?笑)

購入した当時はつわり真っ最中で、洗濯どころではない!という状況だったのですが、案外妊娠中にというよりは、出産や子育てがきっかけになり購入したという感じです。

デメリットや購入して後悔したことは?

普段はポンコツでずぼらな性格ですが、お金が動くときは細かくなる私。

購入前にはネットで検索!検索!検索!実際使っている方のブログを読んだり、デメリットをひたすら探しました。

↓よく書かれていたのが↓

●電気代が高くなる

●衣服が縮みやすい

●衣服やタオルが黒ずみやすい

●洗濯機が大きいので場所を取る

●ドラム式の乾燥機付き洗濯機は値段が高い

このあたりがよく目に付きました。実際私が使ってみた結果を検証すると、、、、

電気代

まず電気代については、我が家は変わらずでした

正直、私は購入前から一番この点が気になっていて、請求が来るまでビクビクしていたのですが、以前と変わらない料金だったのには驚き!

なるべく電気代が少なく済むように、電気代の安い時間帯に洗濯が終わるように予約タイマーを使っていたからかもしれません。

乾燥機ってすごい電気代を食いそうな感じがしますが、最近の家電は省エネなのか優秀

ただ、こればっかりはお使いの電力会社やコースにもよるので一概には言えません。

衣服の黒ずみ

あと良く言われるのが、乾燥機付き洗濯機(ドラム型)は少ない水で叩き洗いをするため、衣服やタオルが黒ずむということ。

我が家の場合は、私が無頓着なのもあるかもしれませんが、黒ずむってほど衣服やタオルが劣化しているようには感じませんでした。

普通の洗濯機を使っていても、ある程度半年~1年くらい経ってくると、自然とタオルも黒ずんできますし、私は以前と変わらない程度だと今のところ感じています。

ただ、確かに少ない水で洗っているようなので、以前の洗濯機と比べて洗える量は増えているのに、水道代は減っています水道代の節約

あと、洗濯洗剤も規定の量より少なめに入れるように取扱説明書に記載されています洗剤の節約

衣服の縮み

これは衣服の素材によって合う・合わないが顕著に表れます。

普段の生活で使うような、タオル・下着・肌着・靴下・衣服などは何ら問題はありません。

特に注意した方がいいのは、Yシャツとセーター。

Yシャツは縮むわけではないのですが、乾燥機にかけるとシワシワになってしまい、アイロンが大変なことになるので不向きです。笑

セーターは若干縮むかな~という程度なので、私は安いセーターは乾燥機で回していますが、高くて素材の良いセーターは別で洗っています。笑

ただ、Yシャツやセーターって元々別で洗ってる方も多いですよね(私はずぼらなので、、、ですが)

その点だけ気を付けていれば、決してデメリットにはならないと思います。

洗濯機の大きさやお値段

これはご家庭の事情にもよるので、何とも言えません(゚∀゚)

確かにサイズは、縦型の洗濯機より大きいですが、我が家は難なく設置できたので問題ありませんでした。

価格については、メーカーやモデルによって様々ですが、平均して15万~20万前後はします。

主にパナソニック(Panasonic)か日立(HITACHI)が主流です。

一般的な縦型の洗濯機に比べると確かに高いですが、私はそれ以上の価値があると断言できます!それぐらい気に入っている家電のひとつです♪

総評

乾燥機付き洗濯機は『無くても生活できるが、有る方が便利で快適に暮らすことができる』

私も悪阻の症状が軽ければ、おそらく洗濯機を買い換えることなく、縦型洗濯機で出産・育児期を乗り越えていたと思います。

ただ乾燥機付き洗濯機を買い換えたことによって、これから向き合わないといけない育児に対する不安が少し軽減されたのは間違いありません。

あとは我が家はアレルギー家系なので、花粉やPM2.5、排気ガスなどの外気に触れさせずに洗濯できる点は、特に新生児期にとっては正直心強いです。

欲を言えば、食洗器ルンバなども子育てしている方にっとては非常に重宝すると言われているので、すっごく欲しいですが我が家には今のところそこまでの余裕はなさそうです。笑

全てを揃えるのは金銭的にも大変ですし、それぞれの考え方や状況や環境などもあるので、何の家事が負担になるのか、不安材料は何なのかを考えて、育児を楽しく乗り切るために、夫婦で相談してみるのもいいかもしれませんね♪

私もまだまだ勉強中ですが、ちょっとでも子育ての負担が減り、穏やかな気持ちで子供と向き合えるように、有意義なお金の使い方を研究中です(^^