『Leapflogアルファベットマグネット』で1歳児から始めるフォニックス。

スポンサーリンク
フォニックス アルファベット マグネット 磁石 

こんにちは。

今日は息子の英語教材について。今回は新しく、フォニックスを学べる知育玩具を購入しました。

息子は1歳10ヶ月ですが、最近文字に興味が出てきました。会話や絵本では日本語優位な息子ですが、文字に関してはひらがなよりアルファベットに興味がある様子。以前、ホワイトボードの記事でちらっとご紹介しましたが、商品が届いたので詳しくレビューしたいと思います。

過去の参考記事:幼児教室風のホワイトボード 日付と知育とマグネット遊び

ちなみにこの玩具ですが、息子だけでなく母親の私から見てもとてもよく出来たおもちゃ。夫も気に入っていて、最近はよく息子と2人で遊んでいます。

これから英語育児を始められる方や幼児英語の最初の教材や玩具として、安価な価格でお値段以上の働きかけをしてくれるとってもおすすめの玩具です。是非、参考にしていただけたら幸いです。

スポンサーリンク

フォニックスとは?

まず、玩具をご紹介する前に簡単にフォニックスについてです。私も知らなかったことが多かったで、シェアさせてください。

フォニックス ( Phonics ) とは、英語圏の幼稚園や小学校などで子供達に英語をどうやって読むかを教えるのに広く使われている教育方法のこと。

一言で表すと「英語の文字と音のルール」のことを言います。

フォニックス ( Phonics ) を習得するということは、英語の文字と音のルールを知るということ。そうすることで知らない単語でも推測して正しく発音できるようになるそうです。

なお、フォニックス(英語の文字と音のルール)には一部例外もあるのですが、大方の単語に適応することができます。

うちの夫は英語は話せませんが、幼い頃フォニックスについて学ぶ機会があったため、英単語だけは読み上げることが出来るようです。なので、これから英語教育を進めていくにあたって、フォニックスは知らないより、絶対知っていた方が良いと思い、息子が文字に興味が出たこのタイミングで取り入れることに決めました。

リープフロッグ(Leapflog)フォニックスアルファベットマグネット

私が購入したのは、リープフロッグのフォニックスマグネットアルファベットというもの。

楽天市場はボッタクリに高い(倍以上の価格差)ので、私はAmazonで購入しました。

このリープフロッグって、幼児英語教育をされている方の中で結構有名でして、フォニックスを手軽に学べると高評価。実際、アメリカでもかなり有名なキャラクターです。

本体とアルファベットピース、どちらもマグネットになっているので、ホワイトボードや冷蔵庫などにくっつけて遊ぶことができます。

バスの窓にアルファベットピースをはめこむと、カエルのタッドがアルファベットの読み方と音を教えてくれます。2度押すとそのアルファベットで始まる言葉と例文をしゃべります。

leapfrog リープフロッグ 口コミ ブログ 評判 フォニックス

また、本体に付いてある黄色の音符(ミュージックボタン)を押すとABCの歌やWheels on the Bus(バスの歌)を歌ってくれます。

インスタでは、リズミカルな音楽も動画として投稿しています。是非ご覧いただけると嬉しいです♪(ブログ記事の下にインスタへ飛べるリンクがあります)

フォニックス おすすめ教材 おもちゃ 玩具

バスの窓にアルファベットをはめ込む動作は手先が鍛えられます。とは言っても、力もコツも要らない結構簡単なものなのでで、1歳児でも十分に遊べます。

英語教材 おすすめ 英語玩具 英語のおもちゃ

息子も大のお気に入りで、朝起きて布団の中で「P!O!B!」と連呼。リビングにいって、パジャマのまま楽しんでいる毎日です。

まとめ・総括

この玩具、ほんとうにお値段以上でおすすめ。

なにより、アルファベットの読み方、2つを同時に覚えられるところが魅力。そしてリズミカルな音楽とともにフォニックスを学ことができるので、息子も毎日楽しそうにたくさんのアルファベットを覚えています。

このリープフロッグのおもちゃを取り入れてから、視界に入るアルファベットの中で自分が読めるものは指を差しながら声に出すようになりました。

お風呂に貼っていたアルファベット表であったり、風船に書いてある文字だったり。最近は「P、O、T、W、U、Y」がお気に入りで、どこかから見つけきては、ひとりボソッと声に出して読んでいるのでびっくりします。

リープフロッグ leapfrog フォニックス まぐネット アルファベット

英語育児をしていると、どこかのタイミングでフォニックスについて意識する時期が出てくるかと思います。特に、DWE(ディズニー英語教材)を使っている方は、フォニックスが採用されていないので、別で用意しないといけません。DWEの唯一の欠点ですよね。WWKはフォニックスが採用されています。

どちらにせよ、お子さんが興味を持ったタイミングでの導入が、なにより大事だとは思いますが、是非その時のひとつの選択肢としていただければ幸いです♪

Instagramでは、音楽の動画とともにPOSTしています。ブログの更新もインスタにてお知らせしていますので、是非この機会のフォローください♪小躍りで喜びます!

関連記事

【1歳6ヶ月】DWE(ディズニー英語システム)を購入して1年使った成果と正直な感想。

【DWE】ディズニー英語システム サンプル請求からわくわく英語体験レポと価格表

私はAmazonで購入しました。レビューを見ていると、小文字バージョン、大文字バージョンがある様子。私は大文字が届きました。

LeapflogはDVDも高評価。私がDWEのDVDに飽きつつあるので、、、笑。時期を見て、DVDもひそかに狙っています。