IKEAイケアの木製レール 口コミで大人気「LILLABOリラブー」の購入レポ。




イケア IKEA 木製レール リラブー 2019年

こんにちは。

さて、本日からブログも再開です。

今日は息子のお昼寝中にふるさと納税を行いました。納税先は去年と違う自治体ですが、返礼品は同じ「日本旅行ギフトカード」にしました。還元率51%!これで今年はたくさんディズニーランドへ足を運びたいと思っています。

過去の参考記事:ふるさと納税でディズニーランドへ!還元率60%のからくりとは?

今年初めのブログ記事は、育児ブログらしく、おすすめおもちゃのご紹介です♪

去年のクリスマス、息子へのプレゼントとして私の兄が用意してくれたIKEAの木製レール。息子がとても気に入ってしまい、「ぶーぶー」言いながら、自宅に居る時はずっと遊んでいて、毎日、毎日、相手をさせられています。

プラレールとは違って、木製玩具の温かみがあり、可愛い、そして何てったって安いんです。息子だけでなく、私も気に入ったので今日は詳しくレビューしていきたいと思います。




イケア(IKEA)の定番おもちゃ

IKEAといえば、「家具」というイメージですが、実際子供向けの玩具を多く取り扱っています。

IKEAに行かれたことがある方は既にご存知の方が多いかと思いますが、ぬいぐるみなどのソフトトイを始め、おままごとのキッチン、レジ、百玉そろばんなどの知育玩具なども取り扱いされています。

その中でも、知る人ぞ知る、大人気の商品。木製レールの「LILLABOリラブー」シリーズ。発売当初は一時品切れで手に入らなかったほど、大人気の商品なんです。

木製レール LILLABOリラブー

このLILLABOリラブーシリーズは、価格の違う2つのセットが販売されています。

その他には、より楽しむたのめの小道具(フィギュア、列車、クレーン&ワゴン車、機関車の車庫、ガレージ&レッカー車)であったり、線路の拡張としてターンテーブルや陸橋、追加のレールなどが販売されています。

LILLABOリラブーの価格

私が頂いたのは、列車基本セット(20ピース)1,999円のものです。

イケア IKEA 木製レール プラレール 比較 線路 列車

もうひとつのセットは、2,999円。1,000円高いだけあって、計45ピース。上記の20ピースの内容に加えて、25点付属品が増えます。イメージでは「列車が走る街」を作れるとのことで、家やビル、標識や踏切、橋やトンネル、可愛い樹木なんかもセットになっています。

リラブー LILLABO 列車 木製レール

1,000円台から買える木製レール

私が持っているのは、1,999円の安価なタイプです。全内容はこちら。

イケア IKEA リラブー 口コミ ブログ 評価

1,999円ですが、レール16本、トンネル1つ、列車が3つの計20点も入っています。

リラブー 内容 レビュー 口コミ 

1,999円の内容でも、1歳児が遊ぶには十分。むしろ余分なパーツが無い分、シンプルに列車を走らせることに集中していて、私には安いセットの方がメリットを感じました。

2,999円のセットの方が色鮮やかで目は惹かれますが、木製レールの数は1,999円のセットと同じ16本。あくまで装飾のパーツが増えるだけなんですよね。

以前、積み木屋さんに行ったときに、そこの店主が話してくれたことがとても印象的でした。「積み木にしても、おもちゃにしても、その子の年齢によって適切なものを与えることが大事。積み木でいえば、難易度もそうだけど、積み木の数もそう。1歳児なら、10ピースくらいでも十分に遊べる。逆に100ピースほどの積み木を与えて様子を見てみると、子ども自身もどうやって遊んだらいいかわからなくなってる場合が多い。小さい内は、少ないパーツの積み木でも十分」とおっしゃってました。私自身も、子どもに良かれ良かれと思って、色々与えたくなってしまうタイプなので、少し反省しつつ、息子への働きかけを考えなおすきっかけにもなりました。

遊び方

1歳児の息子の遊び方をご紹介します。

まず、レールの接続・設置から。まだ1歳児なので、自分で考えて線路を組み立てることは難しそうですが、レールを渡せば、凹凸を合わせて繋げることはできます。

イケア IKEA プラレール 列車 車 おもちゃ

私が手助けをしながら、今日はこんな感じにレールを組み立てました。

イケア IKEA 木製レール プラレール 比較 線路 列車

遊ぶ前に、列車を磁石で繋げるのですが、S極、N極の勉強にもなるんですよね。息子はくっつかない時は不思議そうにしていますが、「反対だよ」と声を掛けるとくるっとひっくり返して、つなげられるようになりました。

「ぶーぶー」と言いながら走らせ、脱線すると「どーん」と言っています。笑

木製レール 海外製 IKEA イケア 比較

今、一番のブームは坂道。坂道から滑り落ちる感覚が面白いそうで、何回も何回も繰り返ししています。

イケア おもちゃ 定番 玩具

少し前まではトンネルブーム。その時、必ずこのどんぐりのおもちゃを橋の上に置くのが息子のこだわりのようです。子どもの行動って面白いですよね。

イケア IKEA 木製レール 列車 トンネル

参考記事:おもちゃのこまーむ「どんぐりころころ」木製玩具に夢中の1歳児

他のレールとの相互性

イケアの公式サイトにも書かれてありますが「市販のほとんどのレールシステムと組み合わせられます」とのこと。

実際、兄に聞くと「プラレールの車両も走らせることができる」と言っていましたが、私はまだ未確認です。

でも少しネットで調べると、プラレールだけでなく、他の木製レール(ミッキー社(MICKI)、ブリオ社(BRIO)とも相互性があるとのこと。基本的には、レールに関しては共通の規格があるようですね。

ちなみに、ミッキー社の木製レール。私が購入したイケアのものと同じ8の字レール、価格がおかしい。恐るべし。。。。。笑

個人的には、少し前から木製レールはBRIO社を狙っていたんです。どこかのアウトレットモールで、BRIOのおもちゃのショップがあって、そこに見本で木製レールが置いてあったんですが、息子もず~っと離れず遊んでいて。その姿がとても可愛く、いつか息子のためにお迎えしたいな~と思っていましたが、、、、価格のことを考えると今のところイケアで十分。むしろ、プレゼントしてくれた兄に感謝。

LILLABOリラブーの欠点

息子も私もお気に入りになってしまったLILLABOリラブーですが、少し欠点があります。

作りが荒いこと!

リラブーLILLABO IKEA 木製レール イケア デメリット 欠点

こんな感じで、たまに欠けたり、角が危なかったり。おもちゃを口に入れるような0歳児くらいの小さい子にはちょっと不向きかもしれません。息子は現在1歳7ヶ月ですが、おもちゃを口に入れることはほぼ無くなったので、問題なく使えています。

あとは、木製玩具なので致し方なしですが、レールの品質にも差があります。色味が結構違ったりします。私はあまり気にしないタイプなので、モーマンタイですが、気になる方は気になるかも。

価格も安いし、木製で可愛いし、私的には十分合格点ですが、品質に関しては価格相応なのかもしれませんね。でも子どもがガンガン、ガシャガシャ、毎日遊ぶおもちゃとしては十分。ミッキー社やブリオ社など、人気どころも気になりますが、欲しい物全てを手に入れていたら家計が破綻してしまいます。何事も取捨選択ですね。

まとめ・感想

1,999円で、こんなに可愛くて、息子が夢中になれるLILLABOリラブーシリーズ。私はプレゼントとして頂きましたが、心から貰って嬉しいプレゼントでした!

このおもちゃを頂くまでは、息子自身、おもちゃの車や列車にあまり興味が無かったんです。自宅にもたくさんのトミカや車の玩具があるのですが、普段からあまり遊びませんでしたが、このイケアの木製レールが自宅に来てから、毎日、毎日、ぶーぶー言いながら遊んでいます。

なにせ、1,999円なので、手始めに購入するには敷居が低いですし、お友達や親せきの子どもへのちょっとしたプレゼントにも喜ばれそうですね。

是非、IKEAにお立ちよりの際はご覧になってくださいね♪

楽天やYahoo!でも購入できますが、少し割高なので要注意。