0m15d オムツかぶれで初めての小児科~おしりの湿疹・発赤~

pcsp_kokomin_titleunder_res




こんにちは。

我が息子、すくすく成長中です♪授乳問題も無事解決し、母乳に溺れながら命がけでおっぱいを吸っています(;^ω^)

過去の記事:授乳問題・恐怖の乳腺炎

授乳中、咳き込んだり、むせたり、息が止まったりと、見ていてハラハラドキドキ心配で仕方が無いですが、こればっかりは慣れもあるので「頑張れ!落ち着いて!」と声を掛けながら一緒に頑張っています!

そんな毎日ですが、この間ついに小児科デビューしてきました(;O;)

初夏ではありますが、感染症などをもらう恐れもあるので、病院にはなるべく行きたなかったのが本音ですが、あまりにもおしりの湿疹がひどくなってしまって、自然治癒が難しそうだったので受診してきました♪




おむつかぶれのきっかけ

完母で育てているため、うんちが緩めの息子くん。便秘になることなく、毎日最低5回はぶりぶりと気持ちの良いうんちをしてくれます。

ある日、「今日はうんちの回数が少ないな~」と感じていました。案の定、その翌日は反動で大量のうんち祭り(;’∀’)しかも、いつもより若干緩めのうんちくん。

こまめにオムツを替えたり、おしりふきで拭いたりしたんですが、なんとな~くおしり全体が赤くなっていました。それから翌日まで様子をみていたのですが、赤みは増して、ぷつぷつと湿疹が出てきました。

こまめにおむつを替えて、しっかり汚れをふき取ったり、洗い流したりとしばらく様子を見てもよかったのですが、心配性の私は「これ以上ひどくなって、皮がめくれたりしたら大変!」と思い、早めに小児科を受診することにしました(;O;)

おしりかぶれ(オムツかぶれ)の原因

オムツ内のむれ

おしっこやうんちが出ると、おむつの中の温度や湿度があがって、むれてしまいます。このムレによって、肌はふやけた状態になり、傷つきやすくなってしまうようです。

おしっことうんちの刺激

おしっことうんちがずっと肌に触れていると、肌のpHが上昇してアルカリ性に傾きます。すると、微生物が増殖したり、うんちの中の酵素が活性化してしまい、肌への刺激も強くなってしまうようです。

おむつのサイズ

おむつのサイズも重要な要素!あまりに小さいものだと、締め付けがひどく、むれも生じやすくなってしまいます。

我が息子の場合、まだ生後15日ではありましたが、足が太くっておむつのギャザー跡が付いていました。まだ新生児だから、おむつも新生児用と決めつけていましたが、ギャザー跡が付いてしまうのはオムツをサイズアップするポイントとのこと。あとは、おむつからおへそが出てしまうのも、ワンサイズアップするのがベターなようです。

新生児とはいっても、小さく生まれた子から4000gを超えるビックベイビーもいるので、目の前にいる赤ちゃんをよく見て、臨機応変にサイズを替えていく必要がありそうですね。

治療法

小児科を受診して、エキサルベ5gというクリーム軟膏をいただきました。皮膚の炎症を抑えるお薬のようで、一日に3回塗ると、3~4日でよくなると先生に言われました。

お家に帰ってこの「エキサルベ」を調べてみると、軽いステロイド剤の様子。ステロイド剤は賛否両論があることも知っていましたし、こんな小さい赤ちゃんに使うことはどうなのかと少し心配はありましたが、今なら炎症もひどくなかったのと、長期使用しなくても治りそうだと感じたので、病院の先生を信じて使ってみることにしました。

実際、薬を塗って数日経つと、目に見えて炎症は落ち着き、良くなってきました。先生の言うとおり、4日経つと綺麗に治ったので、薬を塗るのは中止しました。

薬を使わなくても治るのであれば、なるべく使いたくありませんが、様子を見て炎症がひどくなって、皮膚がめくれてしまったりすると、更に強い薬を使わざるを得なくなったり、治癒に時間がかかったりすることもあります。

子どもが小さいうちは、病気や怪我でどんな薬を使うのか、どんな治療をするのかは、すべて親が決めなければいけません。その子に合う、合わないなどの特性もあるでしょうし、万能に効く治療薬や治療法はないので、「親の選択・決断」が大事になってくると痛感しました。

まとめ・感想

今回は単なるオムツかぶれでしたが、これから色々子どものことで大事な選択や決断が必要な場面に出くわすことも多くなるでしょう。自分で調べる力と信用できる人(お医者さん)を見極める、探す努力が大事になってきます。なにより情報収集には、ママ友が大事ですね。根暗なママですが、少しずつ外に出て、友人を作る努力も必要ですね(;^ω^)

インターネットの情報が全てではありませんし、正しいものではありませんが、情報を取捨選択する力が必要な時代になってきました。何事も頭でっかちにならずに、パパに相談したり、いろんな助言を受け入れながら、子育てしていきたいです(*^^*)

うんちの汚れって、衣服やタオルについてしまうと中々落ちないですよね!体から出たものとは言っても、そんな刺激の強いものが赤ちゃんのふやふやな皮膚にずっとくっついていると思ったら、そりゃ荒れない訳がない(;’∀’)

特に新生児期って、頻繁にうんち、おしっこを繰り返します。「さっきオムツ替えたところなのに、またおしっこしてる~」と思うことも多々ありますが、それがたとえおしっこでも甘く見ないで、こまめに変えてあげるのが一番の予防策だと思います。

心配性なわりには、雑な私ですが、これからはこまめにおむつを替えて、息子がすやすや気持ちよく眠れる環境を整えてあげたいです♪